南アラビアヒョウの絶滅

2022年10月7日16:56

アラビアヒョウ(Panthera pardus nimr)は、アラビア半島原産のヒョウ亜種です。 200人未満の野生個体が生きていると推定されているため、絶滅危惧種としてリストされています。 アラビアヒョウはヒョウ科の最小のメンバーです。 そのトップ重量は約30キログラムで、アフリカのいとこの半分です。

今のところ、野生に残っているヒョウの数を正確に推定することは不可能です。 ヒョウの個体群に関する過去の統計は存在しないため、現代の研究者は十分な詳細で動物の歴史的分布と状態を再構築することはできません。

しかし、1970年以降、ヒョウの占領範囲は約988,300平方キロメートルから約7,400平方キロメートルに縮小しています。

アラビアヒョウは「絶滅危惧種」に分類されています。「野生では絶滅しています。

オマーンのドファール山脈の最後の避難所で持ちこたえて、アラビア半島全体で生き残ると考えられているのはほんの一握りの壮大な動物だけです。

何世代にもわたって、動物とその獲物が狩られ、その生息地が人間の拡大と発達によって着実に侵食されたサウジアラビアでは、ヒョウは絶滅するこ

大きな猫を救うことの美しさは、食物連鎖の観点からピラミッドの頂上に立っていることです。

オマーンは、野生に住んでいる検証可能な人口を持つ唯一の国です。 マスカットは彼らの保護において主導的な役割を果たすかもしれません。

既存のヒョウの生息地内の経済的または住宅的発展は、近い将来に彼らの絶滅を確実にするでしょう。

Panthera pardus nimrは、アラビア半島に自生するヒョウ亜種であり、ヒョウ亜種の中で最も小さくて希少であると考えられています。 ヒョウはその小さいサイズによって区別されます;それらの中で最大のものは30キログラム(66ポンド)未満であり、アフリカとアジアの対応物の半分 残念ながら、アラビアヒョウは絶滅の危機に瀕していると考えられています。その自然の生息地の広範な損失と違法な狩猟のために、野生に残っている動物は200未満であり、サウジアラビア、オマーン、イエメンに散らばっています。

ヒョウは、ライオンやチーターと一緒に、攻撃的な人間との生活空間のための戦いに負ける前に、何千年もの間、このまさにその場所に住んでいました。

ヒョウは1960年代までにサウジアラビアではすでにまれであり、王国での最後の確認された目撃は、マッカのワディヌマン地域の農家によって毒殺されたヒョウのビデオホスティングにビデオが投稿された2014年でした。

規制されていない狩猟の年は、ヒョウのための獲物の二つの最も重要な情報源であるアイベックスとガゼルの個体群を枯渇させました。 この要因は、おそらく他のどの要因よりも、ヒョウの人口の急速な減少を引き起こしています。

アラビアのヒョウも小さな獲物を食べますが、生態系は乱獲、生息地の喪失、断片化、報復殺人のためにバランスが取れていません。 これらの要因は、世界中の多くの野生の猫種の差し迫った絶滅を推進し続けており、アラビアヒョウも例外ではありません。

保全活動は、アラビア半島周辺に生息する小さな孤立した個体群の遺伝的枯渇という別の重要な課題に直面しています。

一連のマイクロサテライトマーカーを用いた遺伝的多様性の評価は、アラビアのヒョウの個体群が他のヒョウ亜種と比較して遺伝的に貧しいことを示

最終的には、アラビアヒョウを救うことは重要な課題であることが証明されます—特に、その生息地が3カ国に広がっており、そのうちの1つが激しい内戦に巻き込まれているためです。

イエメンのヒョウを歴史的な生息地から避難させる差し迫った理由があります:国の進行中の戦争と悪化し続ける治安状況。 紛争は、国の任意のアラビアヒョウにさらなる生態学的荒廃をもたらす恐れがあります。 イエメンのヒョウは、もしあれば、紛争を生き延びた人はほとんどいません。

ドファール山脈では"Qadr"として地元で知られており、これらの絶滅危惧種の動物は、比較的涼しい温度のために主に夜間に活動しており、その斑点のマーキングはヒョウごとに変化する。

アラビアのヒョウは主に夜行性ですが、日光の下で活動することもあります。 一般的に、ヒョウは孤独な動物です。 彼らは通常互いに重なる家の範囲を維持します。 したがって、男性の家の範囲は、多くの場合、複数の女性の領土と重複する可能性があります。 雌は広範囲に重なり合い、離乳後も子孫と相互作用し続ける家の範囲で彼らのカブスと一緒に住んでいます。 ヒョウは通常、地面で狩りをし、主に狩猟のための聴覚と視覚の鋭い感覚に依存します。 彼らは獲物をストーカーし、通常はターゲットから5m(16フィート)以内にできるだけ接近しようとし、最終的には獲物に襲い掛かり、窒息によって殺します。 ヒョウは優れた登山家であることが知られており、日中は木の枝に休むことが多く、キルを木に引きずり、そこに吊るし、木から真っ先に降ります。 ヒョウも強力なスイマーです。 彼らは非常に機敏で、時速58km(36mph)以上で走り、水平に6m(20ft)を飛び越え、垂直に3m(9.8ft)までジャンプすることができます。 彼らはうなり声、うなり声、うなり声、ニャー、ゴロゴロなどの発声の数を生成します。

ヒョウは彼らの自然の生息地内のトップ捕食者であり、獲物種の数と健康を制御することによって地元の生態系において非常に重要な役割を果

アラビアのヒョウの毛皮は、淡い黄色から深い金色、黄褐色、または灰色まで変化し、ロゼットで模様付けされています。 それはアフリカとペルシャのヒョウの両方よりも小さいです。 しかし、それはアラビア半島で最大の猫です。

アラビアのヒョウは、生息地の喪失、劣化、断片化、規制されていない狩猟によって引き起こされる獲物の枯渇、違法な野生生物取引のための捕獲、家畜の防衛のための報復的殺害によって脅かされています。 羊飼いや村人が家畜への攻撃に対する報復でヒョウを殺すようにヒョウの人口はアラビアで大幅に減少しています。 さらに、ヒイラギやイベックスなどのヒョウの獲物種の地元の人々による狩猟や生息地の断片化、特にサラワット山脈では、ヒョウの個体群の継続的な生存が不確実になった。 これらの珍しい動物を殺すための他の理由は、個人的な満足と誇り、伝統的な薬、そして隠れています。 一部のヒョウは、アラビアのオオカミや縞模様のハイエナを対象とした毒殺された死体を食べるときに誤って殺されます。

公式の推定によると、200未満の成熟した個人があります。 生きているアラビアのヒョウの実際の数は、公式データよりもはるかに少ないかもしれません。 数は絶滅の傾向で減少しています。

アラビアヒョウなどの絶滅危惧種を救うことは、私たちの惑星の保護と生態系の自然なバランスにとって重要です。

ユニークなネコ科の種の生存を確実にするために、今日すでに何をすべきだと思いますか?

書類 (ZIPアーカイブでドキュメントをダウンロードする)